医療レーザー脱毛を日焼けした肌へ

日焼け

人気のある医療レーザー脱毛ですが、条件によっては脱毛ができないことがあります。
それは日焼けをした肌です。

レーザー脱毛の光を放出すると、皮膚にはダメージを与えることなく、毛包に届き、熱へと変換します。
これにより、ムダ毛が生える組織を破壊して、育成にセーブをかけるのです。
医療レーザー脱毛の光が反応するのは、メラニン色素の黒い色です。
メラニンには反応するものの、周辺の色白な皮膚には反応はしないため、安全性が高いと言えます。

しかし、肌の色が黒い場合は、話は別です。
日焼けした黒い肌は、レーザーが反応してしまい、やけどを負うリスクがあります。
そのため、日焼けをしている肌には、医療レーザー脱毛を行うことはできないのです。

日焼けをしていてもできる脱毛として、ニードル脱毛があります。
毛穴に針を刺し、1本1本電流を流し脱毛する方法です。
しかし痛みが激しく高額であるため、現在はあまり利用されることがありません。
。 医療レーザー脱毛を希望するのであれば、日焼けした肌を、照射できるレベルの肌色まで戻す必要があります。
保湿と美白のケアを行い、肌の色を通常のカラーにしてから、再度クリニックでカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

ページTOPへ戻る