YAGレーザーでの脱毛後は保湿を

保湿

医療レーザー脱毛で使用する機種の中で、最も長い波長をもつYAGレーザー。 波長が長いということは、肌の奥深くまで届くということです。そのため、毛根の深い男性のひげなどの処理に適しています。 また、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどに比べるとメラニンへの吸収が低いため、黒い肌や色素沈着のある部位でも安全に施術することができるという特徴があります。 したがって、VIOなどの処理に適していると言えます。

照射直後にはポップアップといって処理した毛が毛穴から飛び出す現象が起きますが、これにより他の機種に比べて毛嚢炎のリスクも低くなっています。 ただしメラニンへの吸収が低い分、多少脱毛効果の点で他の機種に劣るといわれています。 YAGレーザーで脱毛した後は、肌が敏感になり乾燥しやすくなっているので、必ず保湿をしましょう。

YAGレーザーでの施術は冷却しながら行うので、痛みが少なくまた肌のダメージも最小限に抑えられますが、毛根を熱破壊するという処理をするため、どうしても熱を持ちます。 施術後に保湿することで肌荒れが防げますし、肌のうるおいを保つことで次に施術する際にも痛みが少なくて済み、脱毛効果も高くなるというメリットがあります。

ページTOPへ戻る